1. Home>

社会保険労務士の仕事概要

皆が安心して生活するためのサポートを行う専門家

社会保険労務士の仕事は、先ごろ話題となった各種の年金問題で一躍注目されるようになりましたが、年金についてだけが仕事ではなく、主に企業の労働環境の改善や、給与、労働社会保険関係のサポートを行っているスペシャリストです。

会社員ならば、大抵の方は厚生年金や雇用保険に加入しているでしょう。
自営業の方なら、ほとんどの人が国民年金や国民健康保険などに加入していると思います。

それらの保険は、国民が安心して働き、安定した生活を送るために定められた社会保障制度のひとつです。
国民ならば誰でもこの制度によって守られているのですが、病気やケガなどで多額の医療費がかかったり、何か特別な事態が起こったときに、給付金などが自動的に支払われるというものではありません。
病気やケガなどで入院や通院をする、という事態はあらゆる人に起こり得ることではありますが、すべての人がその際の申請手続きに精通しているわけではないのが実情でしょう。

そこで必要となってくるのが、社会保険の加入や給付申請などについての知識を有する専門家、社会保険労務士というわけです。

社会保険労務士は、国民が安心して働き、安定した生活を送るために社会保障がスムーズに行われるようにサポートを行うという、重要な仕事を担っているのです。



>>まずは社労士の試験に合格! 通信講座のフォーサイト