1. Home>

社労士試験を解説! 選択式試験

ケアレスミスをなくせば、確実に得点できる試験

社会保険労務士の試験は、8月の第4日曜日の午前と午後とに行われ、午前は80分の選択式試験、午後は210分の択一式試験があります。

午前に行われる選択式試験の内容から確認していきましょう。

社会保険労務士試験・選択式試験の概要

ひとつの問題文の中に( )が5つあり、それを適切な語句で埋める、穴埋め問題です。( )に入れる語句は20個の選択肢の中から選びます。
1科目につき1問ずつ8科目から出題され、1問の中に5つの( )がありますから、全部で40個の( )を埋めることになります。
配点は( )1つにつき1点で、合計40点満点です。

試験時間は80分与えられているので、1問解くのに10分、1つの( )につき2分あります。
落ち着いて取り組めば、比較的簡単に得点できる試験と言えます。

科目や出題数を詳細にまとめると、以下のようになります。

  試験科目 出題数 合格ライン
労働基準法
労働安全衛生法(安衛法)
労働基準法  3問
安衛法    2問
合わせて3点以上
労働者災害補償保険法 5問 3点以上
雇用保険法 5問 3点以上
労働保険料徴収法 出題されていない  
健康保険法 5問 2点以上
国民年金法 5問 1点以上
厚生年金保険法 5問 2点以上
労働に関する一般常識
社会保険に関する一般常識
労働   5問
社会保険 5問
3点以上
2点以上

最近の試験では、労働保険料徴収法から出題されていないことに注目してください。

上記の表には、合格ラインとして各科目の最低点数を入れましたが、各科目でギリギリの点数を取ったとしても、総合計が23点以上という2重に設けられた合格基準がありますので、合格とはなりません。
ご注意ください。



>>まずは社労士の試験に合格! 通信講座のフォーサイト