1. Home>

社労士試験を解説! 択一式試験

社労士試験を解説! 択一式試験

社会保険労務士試験では、午後に択一式試験が行われます。
210分もかけて行われる試験で、3時間半という時間の長さもさることながら、長文読解の難しさが受験者の前に立ちはだかり、社労士試験における最大の難所と言われる試験です。

択一式試験の内容を細かく確認しましょう。

社会保険労務士試験・選択式試験の概要

問題ごとに5つの文章が並んでいて、その中から正しいものを1つ選ぶという問題形式です。
択一式試験の場合は、試験科目に労働保険料徴収法が指定されていないので、名目上は全部で7科目から出題されることになっています。
1科目につき10問出題されるので、全部で70問となります。
1問に5つの文章が出てくることから計算すると、全部で350の文章を読み解かなければならず、しかも一つ一つの文章が長いのが特徴です。

しかも、制限時間が210分なので、1問につき3分間しか与えられていません。
3分という短い時間で5つの長文を読んで正しいものを選び、その作業を3時間30分続けなければならないという、とてもハードな試験です。

科目と出題数について詳細をまとめると、以下のようになります。

  試験科目 出題数 合格ライン
労働基準法
労働安全衛生法(安衛法)
労働基準法  7問
安衛法    3問
合わせて4点以上
労働者災害補償保険法
(労災保険法)
労災保険法  7問
(+徴収法  3問)
合わせて4点以上
雇用保険法 雇用保険法  7問
(+徴収法  3問)
合わせて4点以上
  労働保険料徴収法
(徴収法)
名目上、出題されない  
健康保険法 10問 4点以上
国民年金法 10問 4点以上
厚生年金保険法 10問 4点以上
労働に関する一般常識
社会保険に関する一般常識
労働     5問
社会保険   5問
合わせて4点以上

労働保険料徴収法は、名目上、出題科目には含まれていませんが、実際は労災保険法と雇用保険法の問題の中に3問ずつ混ぜて出題されています。
徴収法については、出題科目に入っていなくても油断せず、きちんと対策を立てておきましょう。

択一式試験の場合も、各科目の合格ラインと総得点という2重の合格ラインが設けられています。
各科目の最低点を得点できていたとしても、総得点の合格ラインは48点ですから、20点も足りないことになってしまいます。



>>まずは社労士の試験に合格! 通信講座のフォーサイト