1. Home>

短期合格を目指すなら

どこでも誰でも手軽に学習できる通信講座がオススメ!

社会保険労務士試験に、より早く、確実に合格するために、私がオススメしたいのは、通信講座を受講して学習する方法です。

試験対策としては、通信講座のほかにも、資格予備校に通うという方法もありますが、仕事が忙しくて決まった時間が取れない方や、教室が遠くて通えないという方もいらっしゃるでしょうから、現実的に考えてすべての人にオススメできるのが、通信講座なのです。

そこで、通信講座を利用するメリットについて考えて見ましょう。
独学で学習するのと、通信講座を利用する方法とではどのあたりに違いがあるのか、まとめてみました。

①テキストの内容が違う

通信講座の多くのテキストは、よく出題される項目と、それほど出題されない項目とを選別し、頻出項目だけに絞り込んで編集されています。
満点を目指す人には物足りないかもしれませんが、基本的な問題にはしっかり対応できるので、7割の得点で合格を目指す方にはピッタリでしょう。

②DVDなどのメディアで講義が視聴できる

社労士試験のような難易度の高い法律系国家試験では、難解な用語や分かり難い言い回しが多く、プロの講師が噛み砕いて解説してくれる講義メディアが必須です。
これがあるだけで、短時間で理解が進みますし、視覚や聴覚を強く刺激し、より記憶に残りやすいという研究データがあるそうです。

③サポートが受けられる

年に一度だけ試験が行われる社労士試験は、学習期間が長期化する傾向にあり、学習へのモチベーションをいかにして維持し続けられるかが、試験の結果を左右する重要なカギとなっています。
その点、通信講座では、受講生のやる気を引き出すためのサポートシステムが充実しているのです。最新の法改正情報なども得られるので、独学のような孤独感や不安に悩まされることは少なくなるでしょう。



>>まずは社労士の試験に合格! 通信講座のフォーサイト