1. Home>

合格体験記には試験を乗り切る秘策が満載

上手な時間の使い方や学習テクニックを学ぼう

社会保険労務士試験という難関に立ち向かい、見事に合格を果たした先輩たちの体験記には、試験日までの苦しい学習期間の過ごし方や、効率よく勉強するためのテクニック、独自の記憶法など、さまざまなコツが語られています。

通信講座専門校フォーサイトの社労士講座のホームページで、合格を果たした受講生たちのリアルな声がたくさん公開されていますので、その中から一部を抜粋させていただきました。

29歳 男性 会社員

「朝型なので夜は全く勉強せず、毎朝3時半におきて2時間、会社に着いてから始業前に1時間勉強しました。
5月ごろからは起床を2時半にし、平日は1日4時間、休日は図書館に行き、夕方まで勉強しました。

もちろん、時間の作り方は環境が違うので人それぞれだと思います。
ですから、自分にあった勉強時間を早く見つけ出すことが肝心だと思います」

29歳 女性 主婦

「私が合格できたのは2回目の試験でした。1度目の試験でも2度目の試験でも自分の勉強方法は基本的に変えませんでした。というのも、1度目の試験結果は、選択式の足切りで落ちており、総合的な点数は十分に合格圏内だったからです。

その年3回目で合格した友人が、『あんなところは普通見ないよ…』と言っていたところからの出題がありましたが、フォーサイトのテキストにはきちんと書かれており、自分が見落としていた部分からの出題で、しかしこの経験から、フォーサイトのテキストを全面的に信頼して、細かいところも見落とさずにチェックしていく、というやり方を徹底しました」

28歳 女性 会社員

「勉強してきた日々を振り返ると、正直自分自身が合格に直結する無駄のない勉強ができていたかどうかは分かりませんし、もっと無理やムダのない勉強法があったと思います。
しかし、勉強時間は十分に取ることができ、それだけは自信がありました。

本試験には、当然ですが初めて見る問題や難しい問題が出てきますが、それが当たるかどうかは、やったかやらないかの違いなのではないかと思います。
過去問を繰り返し、不安なところはテキストに戻ってみる、科目が多いのでこの方法で間違いないと思います」



>>まずは社労士の試験に合格! 通信講座のフォーサイト