1. Home>

社会保険労務士の具体的な仕事内容

働きやすく大きな利益を生むような職場を作る調整役

実際の社会保険労務士の仕事内容として、以下のようなものが挙げられます。

1号・2合業務(主に各種書類の作成・提出代行業務のこと)

  • 就業規則や退職金規定、給与規定などの作成や変更
  • 健康保険、厚生年金保険など、労働社会保険の加入や給付の手続き
  • 各種の助成金の申請代行など

3号業務(主にコンサルティング業務のこと)

  • 労働時間や労働環境などについての相談や指導
  • 社員の賃金管理についての相談や指導
  • 社員の採用や退職などの、雇用についての相談や指導
  • 社内教育についての相談や指導

1号・2号業務というのは、社会保険労務士法の第2条の1号と2号に規定されている業務のことで、これらの書類作成や提出代行業務は、社会保険労務士の資格を持っている人にしかできない独占業務となっています。

コンサルティングなどを行う3号業務については、社会保険労務士の資格を持っていなくても行うことはできますが、雇用や労務についての知識がある有資格者の方が、顧客企業に対して説得力を持って仕事ができるのは言うまでもありません。

こうしてみると、社会保険労務士の仕事は、書類や数字を淡々と処理していくだけの仕事のように思われがちです。
しかし、時には解雇などの労使間トラブルへの対応を迫られることもありますし(特定社会保険労務士の資格を持つと労使間交渉についての業務を行うことができる)、人と人との間の関係を取り持つ交渉人のような仕事も行わなければなりません。

社会保険労務士の仕事は、経営者側と被雇用者側の双方の立場や意見を汲み取って、会社をより働きやすくより大きな利益を生むように整えていく調整役を担っているとも言えるでしょう。



>>まずは社労士の試験に合格! 通信講座のフォーサイト