1. Home>

ラストスパートが試験の合否を分ける!?

自分の弱点を埋める作業を続けよう

試験まで残り1ヶ月。
そうなると、多くの受験者は不安や焦りを感じてしまいます。
“たった1ヶ月”ですが、“されど1ヶ月”でもあるのです。
実は、このラスト1ヶ月の過ごし方が、試験の結果に大きく関わると言っても過言ではありません。

まず、試験まで残り1ヶ月を迎えるまでに、過去10年分の過去問をすべて終わらせておきましょう。
2~3回繰り返し解いて自信が出てきたら、模擬試験を受けるとよいと思います。

模擬試験は、資格予備校や通信講座などで申し込み、予備校の教室で受験できます。
忙しくて試験日に行けない人や、教室が遠いという人は、郵送してもらい自宅で受験することも可能です。
通信講座などを受講すると、教材と模擬試験がセットになっている講座もありますので、確認しましょう。

郵送してもらった場合は、できるだけ本番に近い形で受験することが大切。
そのためには、図書館などの静かな場所で、試験の開始時間と同じ時刻から始めるとよいでしょう。
しっかり時計を確認しながら模擬試験を受けると、本試験のときの時間配分がわかって、かなりトレーニングになるはずです。

特に択一式試験は3時間を超える長丁場で、しかも問題数が多いとあって、時間配分が重要。模擬試験を有効に使って、予行演習をしましょう。

さらに、模擬試験を受ける一番の目的はほかにもあります。
自分がどのような問題を苦手としているのか、弱点を知ることです。
模擬試験の結果は、ほとんどの人が散々な点数となってしまうものですが、その結果にあまり落ち込みすぎず、自分の弱点をたくさん指摘してもらったと思って、その部分を重点的に確認していきましょう。
自分の弱点(穴)をいかに埋められるかが、勝敗を決めるカギとなるのです。



>>まずは社労士の試験に合格! 通信講座のフォーサイト