1. Home>

特定社会保険労務士の仕事とは

特定社会保険労務士になると仕事がさらに増加

ここからは、最近注目度が高まりつつある資格について、改めて取り上げることにします。特に開業型の社会保険労務士の間で近年、取得者が増えている「特定社会保険労務士」に関する詳細な説明です。

この制度はなぜ必要だとみなされているのでしょうか? それは、労使紛争の件数、あるいは1件1件の長期化が問題視されてきた事実があると思ってください。あまり表沙汰になっていないことが大半を占めているものの、わりと企業と労働者の間のトラブルは多いものなのです。

「ブラック企業」に代表される、長時間労働やパワーハラスメント等の問題ならわりと世間の脚光を浴びていますが、いずれにしても労使間のトラブルの解決を促すために、元来労働法のプロである社会保険労務士に白羽の矢が立ったのです。「特定社会保険労務士」になると、当事者の「代理」となって事態の解決に向けて行動できるようになります

※依頼者の「代理」というと、通常の法曹関連の資格を見渡すと弁護士くらいしか認められていないのですが、特定社会保険労務士は代理人として、さまざまな調停・紛争解決の代理を、あるいは和解を意図した契約手続きの代理役を務めることが認められています。

上述しているように、日本では全国的に長時間労働をはじめとした労使紛争が発生しています。特定社会保険労務士になると、受けられる仕事が一気に増える可能性が高いです。将来的にはさらに、認められる仕事が増える可能性もあるかもしれませんし、少なくとも悪いことはないでしょう。



>>まずは社労士の試験に合格! 通信講座のフォーサイト