1. Home>

勤務型社会保険労務士の仕事とは

勤務型社会保険労務士になったときの仕事ぶりとは? 

社会保険労務士は、仕事をするにあたって「勤務型」「開業型」を選べる点がメリットの一部です。このような選択肢がある「士業」関連の資格といえば、有名どころでは社会保険労務士のほかには税理士くらいしか見当たりません。

社会保険労務士の担当領域は、税理士と同様にどんな企業にとっても常になくてはならない内容でいっぱいです。税理士における納税や決算と同様に、従業員の社会保険の加入や納付、さらに労働法の適用はどんな企業にとってもとにかく重大事項ですね。そこで「勤務型」として登録して、一般の社員として活動するコースが設けられています。

勤務型の場合、働き方も与えられる賃金も、すべてその企業のシステムに準拠することになります。本人の裁量にゆだねられる要素はほとんどありませんが、いうまでもなく社員として守られる存在になることができます。

いろいろな事情から安定的なライフスタイルや労働環境に関心が強い場合は、勤務型を選ぶときっと満足できるのではないでしょうか。

勤務型で仕事をしていく場合、最大の難関となるのは、登録後に「どうやって企業の社員になるか」でしょう。これはどんな職種でも同じですが、並大抵のことではありません。どこの企業にとっても、正社員の採用には非常に慎重な態度を崩しませんから。

結果として、時間と努力を重ねて就職活動をしていくことになります。その間の生活についても設計していかなくてはなりませんが、納得できる就職先を見つけられるかどうかでその後の人生が大きく変わってしまうことになります。全力で就職活動に臨むべきでしょう。
社会保険労務士の求人は、特に多いというわけではありません(規模の大きい企業の場合、勤務型社会保険労務士が不足しているということはあまりないため)。あらゆる転職サービスを使うくらいの努力を続けて、就職戦線を乗り切ることを目指しましょう。



>>まずは社労士の試験に合格! 通信講座のフォーサイト