1. Home>

社会保険労務士の仕事の報酬

開業社労士の報酬の種類は主に3種類

社会保険労務士の資格を取得すると、前述した通り、2つの働き方を選ぶことができます。
企業に勤務しながら仕事をする勤務社労士と、開業して自らの事務所などを立ち上げて仕事をする開業社労士です。

そのうち、勤務社労士の報酬については、普通の会社員ですから、会社の規定に基づいて給与が決められており、ほかの社員とほぼ同等の給与が支払われますが、開業社労士については、仕事の報酬としていくつかの種類があるようです。

開業社労士の報酬の主なものとして、以下の3つが挙げられます。

①手続き報酬

企業の就業規則や賃金規定などの作成、各種の許認可申請など、書類の作成や申請手続きを行うごとに得られる報酬のこと。

②労務・人事管理報酬

人事管理や労務管理、賃金管理などの業務ごとに企業と契約し、得られる報酬のこと。

③顧問報酬

契約している企業の労働社会保険の手続きや相談、指導などの各種業務を行い、月ごとに決まった金額で得られる報酬のこと。



>>まずは社労士の試験に合格! 通信講座のフォーサイト