1. Home>

社会保険労務士の年収とは

社労士の平均的な年収を知ろう

現在、社会保険労務士として登録されている人は、約3万人いると言われています。
この中には、企業に所属して仕事をしている勤務社労士と、事務所を立ち上げて仕事をしている開業社労士の両方が含まれています。

以前の厚生労働省の調査によると、社会保険労務士の平均年収は、約500~600万円くらいになるそうです。
サラリーマンの平均年収が590万円程度と言われていますから、一般的な会社員とほぼ同じような年収と考えてよいでしょう。

ただし、この数字はあくまでも平均です。
言うまでもありませんが、この数字よりも年収が高い人も多いでしょうし、社労士として登録したばかりで、ほとんど収入のない人というのも含まれているでしょう。

企業や社労士事務所などに勤めている勤務社労士は、会社や事務所の方針に従って給与が決まるわけで、安定した収入を望むことはできますが、自らの努力によって多くの報酬を得る、ということはできません。

高収入を得たいと考える人は、当然ですが独立開業することが最低条件となります。
開業して努力を重ね、多くの顧客を抱えて確実に仕事をこなすことで、平均を超える年収を得ることができ、中には1000万円以上の高収入を得ている社労士さんが多いというのも事実です。

開業している社労士の間で一般的に言われている数字では、開業して2年で300万円、5年で500万円程度の収入になるのが平均なのだそうです。



>>まずは社労士の試験に合格! 通信講座のフォーサイト