1. Home>

社労士以外の資格も取得して、仕事の幅を広げよう!

社労士と相性抜群の資格を取れば、仕事が倍増!?

社会保険労務士の資格だけを取得して開業し、たくさんの仕事を得ている開業社労士も多いのですが、さらに他の資格を取得することで仕事の幅を広げ、収入を増やしている人がいるのも事実でしょう。

社労士の資格だけで開業するのは、リスクが大きい…と感じている方は、社労士と相性の良い資格を取得し、ダブルライセンス、トリプルライセンスで営業するとよいのではないでしょうか。

社労士と組み合わせると効果の高い資格を、いくつかピックアップしてご紹介しましょう。

●特定社会保険労務士

労使間のトラブルを迅速に解決するために新しく設けられた資格。
平成19年から実施されています。
社会保険労務士の資格を取得した後に、社会保険労務士会の研修を受け、試験に合格すれば資格が得られます。

●行政書士

役所に提出する、営業許可や車庫証明など、およそ1万種類にも及ぶ書類の作成や申請、相談業務を行う資格。
社労士はもともと、この行政書士から社会保険業務に特化して派生した資格ですから、業務は密接に関連しています。

●税理士

税務書類の作成、代理申請、税務相談などが主な仕事。
社会保険労務士とのダブルライセンスなら、顧客企業の労務や人事の仕事だけではなく、税務の業務も請け負うことができ、有利になります。



>>まずは社労士の試験に合格! 通信講座のフォーサイト